アメリカのクリスマス定番料理14選【料理・スイーツ・飲み物】

アメリカ クリスマス 料理
Image by Anrita1705 from Pixabay

ボニービー

こんにちは、BoneyB(ボニービー)です


今回の記事は、

  • アメリカでは、クリスマスに何を食べるの?

  • アメリカのクリスマスの定番スイーツって何?

  • クリスマスドリンクはどんなのがあるの?



という悩みを持ったあなたに向けて、

アメリカでのクリスマスの定番料理・スイーツ・ドリンクを紹介します。

本記事で得られる内容

  1. アメリカのクリスマスで出される定番料理・スイーツ・ドリンク
  2. どのような料理なのか
  3. 各料理の意味合いや由来



この記事を読む事で、アメリカのクリスマスの定番料理が分かるようになり、また日本では触れる機会が少ない他の国の料理を知る事が出来ます

ボニービー

国や文化の数だけ、料理がある!
料理を通して世界を知ろう!


料理以外にもアメリカのクリスマスは各家庭でのイベントが沢山あります。

アメリカ人はどのようにクリスマスを過ごすのかこちらの記事で詳しく紹介しているので是非読んでみて下さい。

実際に体験したアメリカ人のクリスマスの過ごし方や習慣を紹介



アメリカのクリスマス定番料理

ボニービー

料理を含めてアメリカのクリスマスの伝統は、イギリスの影響を大きく受けているんだよ

でも、過去400年にわたってイタリア・フランス・ドイツ・ラテンアメリカなど様々な国から移住してきた人たちが持って来た、その国特有の伝統料理や習慣も混ざっているんだ

ローストターキー (Roast turkey)

ローストターキー


サンクスギビングデーやクリスマスなど、アメリカのホリデーシーズンによく食べられる代表的な伝統料理です。

ターキーを丸ごと1匹使った豪快な料理は、テーブルの上を華やかにしてくれて大きさにもよりますが、1匹で約10人のお腹を一杯にしてくれます。

バターや塩コショウ、ハーブを使って味付けしてあるターキーに、自分でクランベリーソースやグレイビーソースを添えて頂きます。

*由来
1番最初にクリスマスの日にターキーを食べたのは、イングランドの王ヘンリー8世だと言われています。

もともとイギリスでは、クリスマスにグースなどを食べていたのですが、家族全員がお腹いっぱい食べられるファミリーサイズのターキーを食べるようになったそうです。

イギリス人がアメリカにもその伝統を持ち込んだことによって、現在のアメリカの伝統料理となりました。

クランベリーソース・グレイビーソース (Cranberry sauce)

ローストターキーといつも一緒に出されるのが、クランベリーソースや肉汁から作られたグレイビーソースです。

ターキーには下味が付いているのですが、薄めなので自分好みでこのようなソースを付けて頂きます。

クランベリーで作られたソースは、地域や家庭によって甘かったり酸味が強かったりと様々です。

クリスマスハム (Christmas ham)

クリスマスハム


アメリカのクリスマスハムとして1番有名なのがGlazed hamです。

英語でGlazeとは、“光沢をだす”という意味で、料理に使われる際は“シロップなどをかけて艶を出す”という意味があります。

大きな肉の塊に、はちみつやブラウンシュガー入りのシロップを塗ってオーブンで焼きあげます。

ハムのしょっぱさとキャラメライズされたシロップの甘さが程よく合わさりクリスマスの日に特別感を出してくれる1品となります。

*由来
クリスマスにハムを食べるようになったきっかけの1つとして、北欧神話の女神の1人であるフレイヤが挙げられます。

豊饒の女神である彼女の聖獣が豚であり、イノシシに乗って移動していたという神話から昔、人々はフレイヤを敬う為にイノシシの頭を捧げていました。

そのイノシシが豚に変わり、今ではハムを食べるようになったそうです。

リブロースト (Rib roast)

リブロースト


アメリカのクリスマスの食卓を盛り上げてくれるのは、ターキーにしろハムにしろ、“ザ・肉の塊”です。

その中でもひと際目立つのが、骨付き肉のリブローストです。

時間をかけてゆっくりとオーブンで焼く事で程よく油が落ち、中はほんのりピンク色のジューシーなリブローストが出来上がります。

スタッフィング (Stuffing)

スタッフィング


英語でStuffingとは“詰め物”という意味があります。

その意味からも分かるようにこの料理は、ターキーの丸焼きを作る際によくターキーの中に詰められています。

角切りにしたパンや野菜をバターやハーブと混ぜてオーブンで焼くだけで簡単に出来、味付けもしっかりされていて美味しいため、サイドディッシュとしてそのまま出される事も多くあります。

*由来
クリスマスの日にスタッフィングを食べるようになったおもしろい由来の1つに、”昔はコンロが使えなかった”というのがあります。

唯一火を使えるところでは、大きなターキーを直接焼いていたのでサイドディッシュを同時に作る事が出来ませんでした。

そこで思いついたアイディアが、サイドディッシュをターキーの中に詰めて同時に作ってしまおうという物だったそうです。

マッシュポテト (Mashed potato)

マッシュポテト


アメリカ料理のサイドディッシュとして代表的なのがマッシュポテトです。

クリスマスだけでなく、普段からステーキやソーセージ、魚などのメインディッシュの横に添えられています。

バターをふんだんに使った滑らかなマッシュポテトは、グレイビーソースを絡めて食べると美味しいです。

アメリカのクリスマス定番スイーツ

キャンディー棒 (Candy cane)

キャンディー棒


杖の形をしたキャンディー棒は、飴としても食べられるし、ツリーに飾ってもかわいいクリスマススイーツです。

昔からの伝統的なキャンディー棒の色は赤と白で、味はペッパーミントです。

*由来
1670年に、ドイツのケルン大聖堂の聖歌隊隊長が、毎年クリスマスイブの日に行われるクリスマスミサで子供たちが騒がないように配った事が始まりだと言われています。

最初は、白1色で棒状だったのですが、子供たちに「幼子イエスの所に最初に訪れたのが羊飼いだった」という事を教える為にキャンディーの形を杖状にしました。

また、白は「罪のないイエス」を、赤は「イエスが人類を救うために流された血」を表していると言われています。

クリスマスクッキー・シュガークッキー 
(Christmas cookies・Sugar cookies)

クリスマスクッキー


クリスマスクッキーとは、形や模様がクリスマスと関連しているカラフルなクッキーの事を言います。

ツリーやサンタ、トナカイ、雪だるまなど思い思いの絵をクッキーに描いていきます。

料理自体はサンクスギビングデーのディナーとあまり変わらないのですが、このようなカラフルなスイーツによってクリスマスの雰囲気が出されます。


シュガークッキーは、普段からよく食べるクッキーなのですが、ホリデーシーズンに欠かせないスイーツです。

フルーツケーキ (Fruitcake)

フルーツケーキ


日本ではクリスマスの日にクリームいっぱいのケーキを食べるのですが、アメリカではそのようなケーキを食べません。

その代わりにアメリカのクリスマスの日に食べられるケーキとしてフルーツケーキを挙げられます。


このケーキはパウンドケーキのようなもので、中にキャンディーグミやドライフルーツ、ナッツなどが入っています


またアメリカでは、クリスマスのギフトとしてフルーツケーキをお互いに送りあう習慣があります。

最近では、あまりにも多くのフルーツケーキがクリスマスの日に届くのでそれを嫌がり、逆にジョークとして送りあったりもしています。

ジンジャーブレッド (Gingerbread)

ジンジャーブレッド 1
ジンジャーブレッド 2


アメリカのクリスマスの定番スイーツとして欠かせないのがジンジャーブレッドです。

ジンジャーブレッドは、生姜、シナモン、ナツメグ、クローブなどの香辛料とはちみつや砂糖などの甘味料で味付けされた洋菓子です。

クリスマスの日には、家の形をした”ジンジャーブレッドハウス”と人の形をした”ジンジャーブレッドマン”がよく作られています。

*由来
ヘンゼルとグレーテルの童話の中に出てきたお菓子の家は、1800年代初期頃からドイツで実際にお菓子を使い作られ始めたそうです。

それが、アメリカのクリスマスの時期に家族で出来るアクティビティとして定着して今ではジンジャーブレッドハウスとジンジャーブレッドマンがクリスマスの代表的な存在となっています。

パイ (Pie)

パイ


アメリカのクリスマスに食べられる代表的なパイは、ミンスパイという物ですが各家庭によってアップルパイであったりピーコンパイであったりと様々です。

ミンスパイとは、ドライフルーツと香辛料を混ぜて作られたミンスミートという物が詰められた手のひらサイズの小さなパイです。

*由来
このミンスパイは、イエス・キリストが誕生した時に東方の三博士が捧げた3つの贈り物の1つである没薬が起源だと言われています。

また、昔はこのパイをゆりかごの形にして、表面には切り目を入れてイエスを表す像を入れていました。

アメリカクリスマス定番ドリンク

エッグノッグ (Eggnog)

エッグノッグ


アメリカでエッグノッグは、サンクスギビングデー、クリスマス、新年など冬のホリデーシーズンによく飲まれている飲み物です。

舌触りがまろやかな牛乳ベースの甘い飲み物で、ノンアルコールの物やラム酒やブランデーが入っているお酒としても売られています。

アップルサイダー (Apple cider)

アップルサイダー


アップルサイダーもアメリカでは冬の飲み物で、よく冬のホリデーシーズンに飲まれています。

アメリカでは、リンゴから出来た無濾過・無加糖・ノンアルコールの飲み物をアップルサイダーと言います。

ホットチョコレート (Hot chocolate)

ホットチョコレート


日本でもお馴染みの冬の飲み物、ホットチョコレートもクリスマスによく飲まれます。

アメリカでは、よくホイップクリームやマシュマロ、ココアパウダーを乗せて飲みます。

まとめ

今回の記事では、アメリカのクリスマスの伝統料理・スイーツ・デザートを紹介しました。

アメリカならではの大きなお肉を囲んで家族が集まるイメージが湧いてきますね。

今年のクリスマスも大切な人と一緒に、美味しい料理をたくさん食べて、素敵なクリスマスを過ごしてください!

ボニービー

料理に関心がある人は、アメリカの”サンクスギビングデー”や”イースター”の定番料理も是非見てみてね!

合わせて読みたい

関連記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください