海底捞の火鍋をインスタントで食べてみた!水1つでアツアツの火鍋が食べられるってホント!?

インスタント火鍋

ボニービー

こんにちは、BoneyB(ボニービー)です


今回の記事は、

  • 今日は、何もしたくないけれど美味しいご飯を食べたい

  • 海底捞のインスタント火鍋って本当に水だけ準備すれば食べられるの?

  • 水だけで出来るインスタント火鍋って確かに簡単に作れるけれど美味しいの?



という悩みを持ったあなたに向けて、

実際に食べてみた経験から、「海底捞のインスタント火鍋」の作り方・値段・味・クオリティ・感想などを紹介します

本記事で得られる内容

  1. 火鍋とは?
  2. 海底捞のインスタント火鍋(値段・作り方・味)
  3. 海底捞のインスタント火鍋を食べた感想



この記事を読む事で、少々お高めで食べようか迷っている「海底捞のインスタント火鍋」を食べるべきかやめるべきかを決められます


ボニービー

火鍋とは、中国料理の1つで色々な具材をスープに入れて煮込む鍋料理だよ



海底捞の火鍋をインスタントで食べてみた 火鍋とは?

海底捞の火鍋をインスタントで食べてみた 火鍋とは?


火鍋とは、白湯(パイタン)スープや麻辣(マーラー)スープに肉・野菜・海鮮など自分が好きな具材を入れて煮込み食べる中国の鍋料理です。


味は、使うスープベースやソースによって変わりますが、独特な癖も無く日本やアメリカでも親しまれている料理です。


特に麻辣スープの火鍋は、辛い物や刺激的な味が好きな人におすすめです。

ボニービー

一口に「火鍋」と言っても、中国全土でその地域ごとに使う食材やスープベース、タレが全く違ってくるんだよ

野菜ベースのスープやチリパウダーをタレとして使ったりする地域もあるんだ


留学一口メモ
アメリカの大学に通っていた時、中国人の留学生と知り合いになる機会が多くありました。

クラスで自己紹介をする際に、好きな食べ物は”Hot pot(火鍋)”だという中国人が多かったです。

また、友達同士が家に集まりHot potパーティーを開く事もよくありました。

中国人の彼氏曰く、中国人にとって火鍋は、みんなで集まって火鍋を囲みながらおしゃべりをダラダラと楽しむ事が醍醐味なのだそうです。


関連記事
 ✔ 留学先で友達ができない時に試すべき11の事【マインド編と実践編】

海底捞のインスタント火鍋の基本情報

火鍋 10


海底撈火鍋(かいていろうひなべ)とは、日本にも進出している火鍋の人気チェーン店です。


東京、千葉、神奈川、大阪、兵庫に実際の店舗があり、そこでは、スープベース・食材・ソースをふんだんに取り揃えていて自分で好きな物を選び中国本場の味を楽しめます。


サービスにも力を入れているので、至れり尽くせりの環境で美味しい料理を食べられます。

ボニービー

近くに行く機会があるのならば、インスタント火鍋よりも実際の店舗で火鍋を楽しむ事をおすすめするよ

インスタント火鍋自体に興味があったり、近くに行く機会がないという方には、火鍋をお家でも簡単に楽しめるインスタント火鍋がおすすめ!

1.海底捞のインスタント火鍋 【値段】

海底捞のインスタント火鍋は、「準備する物は水だけ!」という点が売りになっています。

室内でも室外でも場所を問わず、水さえあれば簡単に本場の火鍋を楽しめます。


その代わり、1番安くて1,500円からとお値段が少々高めになっています。


中国でも有名な為、日本にある中国人向け中華食材店が近くにある場合は、先に覗いてみましょう。
もしかしたらネットで注文するより安く購入できるかもしれません。


ただ、値段が高いのに量が少なくパッケージ負けしているという感じはしません

  • 持ったらずっしりと重く、しっかりと中身がつまっているのを感じる
  • 野菜・肉・麺が入っていて内容量も多い
  • 一食分の料理としてお腹いっぱい食べられる

2.海底捞のインスタント火鍋 【味の種類】

こちらは、麻辣スープベース牛の色々な部位(肉・ウルテ・胃)を中心に、豆腐の皮、レンコンやジャガイモなどの野菜、昆布が入っているインスタント火鍋です。


こちらも麻辣スープベースで、野菜が中心に入っているインスタント火鍋です。
レンコン、昆布、ジャガイモ、タケノコ、キクラゲなどが入っています。


最後にぜひ紹介したいのが、トマトスープベースの火鍋です。

日本の通販サイトでインスタント火鍋を探したのですが見つからなかったので、火鍋の素だけでも紹介します。

辛い物が好きな方も苦手な方も楽しめる味となっていて、トマトのコクがしっかりと出て食材と共にトマトスープとしてそのまま飲む事も出来ます。

私は、辛い味が好きなのでいつも麻辣味の火鍋を食べていたのですが、1回トマト味を食べたらはまってしまいました。

ボニービー

他にも「ビーフ」や「中国ソーセージ」などお肉をメインの材料として使っている物もあるから見つけたら試してみてね

3.海底捞のインスタント火鍋 【作り方】

今回私が食べたのは、麻辣スープベースの牛肉火鍋です。

海底捞 火鍋 インスタント


中は、2重になっていて透明の器に具材を全て入れ、その下に発熱剤を置きます。

火鍋 2


野菜・肉・麺・スープベースが小分けされ、発熱剤と一緒にお箸・スプーンも準備されています。

火鍋 3


小分けされている具材を全て透明の器に入れて、線が引かれている位置まで水を入れます。

この時にお好みでスパムやお肉を追加するのもおすすめです!
私は、スパムは切ってそのまま、牛肉は一旦火を通したものを追加しました。

火鍋 4


具材を透明の器に全部入れて準備が出来たら、次は黒い器に水を入れます。

※ 熱いお湯を入れないように注意して下さい!

火鍋 5


発熱剤の袋が破れていない事を確認してから水の中に入れます。

火鍋 6


そうしたら、もともと入っていた通りに透明の器をかぶせて、ふたを閉めます。

火鍋 7


ふたをかぶせて15分待ったら出来上がりです。

※ 器はとても熱くなっています。
  ふたの穴から湯気が出ているので火傷しないように注意して下さい。

火鍋 8


完成です。タレを付けてお家で本場の中国料理を楽しみましょう!

火鍋 9

海底捞のインスタント火鍋を食べてみた感想

海底捞のインスタント火鍋を食べてみた感想


水だけで作れるという「海底捞のインスタント火鍋」を興味本位で食べてみたのですが、味も普通に美味しかったです。


正直に、レストランで食べる火鍋と同じレベルの味で、具材もたっぷりと入っていて量も味も満足のいく一食でした


しかし残念だった点は、火鍋を食べる時にソースに付けて食べるのが好きなので、少量でもソースを付けてくれたら嬉しかったです。


火鍋のお店が近くにある場合は、食材もソースも自分で選べるレストランで食べるのをおすすめしますが、インスタント火鍋もお家で簡単に本場の中国の味が楽しめるという点ではすごくおすすめの一品です


*海底捞のインスタント火鍋をおすすめしたい人
  • 家で簡単に中国本場の火鍋の味を楽しみたい人
  • 水だけで出来るインスタント火鍋に興味がある人
  • 疲れて何もしたくないけれど、家で美味しい料理を楽しみたい人


タレを付ける事で、ひと味もふた味も違ってきて格段に美味しくなります。

海底捞の火鍋をインスタントで食べてみた まとめ

今回の記事では、海底捞のインスタント火鍋に関する情報を紹介しました。

  • 火鍋とは、スープに様々な食材を入れて煮込んで食べる中国料理
  • 中国の各地域によってスープの味、入れる食材、つけるタレの種類が全く異なる
  • 海底捞は、中国でも有名な火鍋専門店で質の良いサービスが有名
  • 海底捞のインスタント火鍋は、水だけで簡単に作れてレストランと変わらない味のクオリティ
  • 家で簡単に中国本場の味を楽しみたい方におすすめ



火鍋をまだ試したことが無い方にもおすすめです。

家で簡単に作れて、中国料理のおいしさに目覚めるきっかけになるかもしれませんね。


最近では、レストランに行かなくてもお家で簡単に美味しい中華料理を食べられるインスタント食品が沢山出ています。

中華料理のインスタント食品は、結構ボリューミーで味にもこだわっています。

私が中華のインスタントヌードルの中で1番好きなタニシビーフンに関しては、美味タニシビーフン!この臭いと言われている食べ物は何者?で紹介しているので気になる方はぜひ読んでみて下さい!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください