アメリカでのコロナの検査方法・費用【陽性結果が出た場合はどうなる?】

アメリカ コロナ 検査
Photo by Colin D on Unsplash

ボニービー

こんにちは、Boney B(ボニービー)です


今回の記事は、

  • アメリカ在住で、コロナの検査を受けようと思っているのだけれど

  • もし検査の結果が陽性だったらどうなるの?

  • アメリカのコロナの検査ってどのように行われているの?



という悩みを持ったあなたに向けて、

実際に検査を受けて陽性結果が出てしまった私が経験した、アメリカでのコロナの検査方法・結果の受け取り方・陽性だった場合の状況を紹介します。

本記事で得られる内容

  1. アメリカでのコロナの検査情報(検査の種類・方法・費用)
  2. 検査結果の受け取り方
  3. 陽性結果だった場合の状況と過ごし方



この記事を読むことで、アメリカではどのようにコロナの検査が行われているのかが分かるようになります


また、陽性結果を受け取ってしまった方も今後どのような状況になるのかを把握できるようになり、内的・外的な準備が出来ます

ボニービー

最近は、アメリカでも無症状の感染者が多くなってきているよ
自分の為にも、周りにいる大切な人たちの為にも1度受けてみたらいいね



アメリカでのコロナ検査情報

アメリカでのコロナ検査情報

1.検査の種類・方法

現在、アメリカで行われているコロナの検査は2種類あります。

  • A viral test(PCR検査・抗原検査)
    :今現在コロナウィルスに感染しているのかを教えてくれる
    (鼻・喉・唾液から病原体を採る方法)

  • An antibody test(抗体検査)
    :過去にコロナウィルスに感染していた事があるのかを教えてくれる
    (血液中の抗体を検出する方法)

2.検査基準・検査体制

CDC(Centers for Disease Control and Prevention)から出されているコロナの検査を受けるべき人の基準は、

  • コロナの症状を持っている人
  • コロナの陽性結果が出た人と近距離での接触があった人(1.8m以内で15分以上)
  • 主治医や病院からコロナの検査を受けるように言われた人
ボニービー

アメリカでは基本的に無料で受けられるし、あまり時間を取らないからコロナの症状が無かったとしても「一応」検査を受ける事を「強く」おすすめするよ

3.検査の費用・検査を受けられる場所

HHS(U.S. Department of Health and Human Services)によると、アメリカでのコロナの検査は、保険に加入しているかどうかに関わらず基本的に無料で受ける事が出来ます

COVID-19 tests are available at no cost nationwide at health centers and select pharmacies. The Families First Coronavirus Response Act ensures that COVID-19 testing is free to anyone in the U.S., including the uninsured. Additional testing sites may be available in your area. Contact your health care provider or your state or local public health department for more information.

出典:HHS公式サイト


しかし、検査を行う機関によって費用を請求される可能性もあります。

保険に加入しているのならば、ほとんどの場合無料で検査を受ける事が出来ます。
covid testing near me / covid testing new york(地域名)等と検索をすれば近くにある検査場を見つけてくれるので保険証を持って検査を受けに行きましょう。

また、無料で受けられる検査を行っている機関を探すには、こちらのページのFind A Testing Location Near Youという欄に州名を入力して探しましょう。

ポイント
アメリカで行われているコロナの検査は2種類あり、a viral testは保険に加入しているかどうかに関わらず基本的に無料で受けられる。

最近は無症状感染者も多くなっている為、一応検査してみる方が良い。

実際にコロナの検査を受けてみた

実際にコロナの検査を受けてみた

コロナの検査を受けた理由・行っていた予防・症状

理由 : 同じ所で働いている人(違う部署)がコロナの陽性結果を受けた為

行っていた予防 : 

  • 外から帰ってきたら手洗いうがい
  • 仕事以外の外出は控える(買い物は仕事の帰りに済ませる)
  • 外にいる時はいつもマスク着用
  • 外から帰ってきたら携帯電話・買った食料品のパッケージなど消毒液で消毒

  • 症状 : 無し(無症状)

    ボニービー

    正直、コロナにかからないように最善の予防はしてきたつもりだったのだけれど。。。
    どこでどのように感染するのか全く予測不可能なのが厄介だね

    コロナの検査場探し

    まず、コロナの検査を行ってくれる場所を探す為にcovid testing queens(地域名)と検索しました。

    表示された検査場の中で家から1番近い所の住所検査を行っている時間帯を確認して行きます。

    私が検査場に着いたのは平日のお昼時だったので誰も並んでいませんでした。

    ※ 同僚の方は平日に行ったにも関わらず、検査を受ける為に3時間近く並んだそうです。
      多くの人と一緒にいる時間を減らす為にも、なるべく混んでいない場所や時間帯を探すのがおすすめです。

    検査場は、トレーラーの中が2つに区切られていて問診検査が別々の空間で行われるようになっていました。

    問診

    検査を受ける前に、様々な質問をされるのでそれに答えていきます
    所要時間は5分~10分程度です。

    質問された内容を覚えている範囲内で紹介します。

    • 名前
    • 会社名
    • 検査を受けに来た理由
    • コロナ感染者との接触有無
    • 住所
    • メールアドレス
    • 生年月日
    • 仕事内容
    • 症状の有無
    • 緊急連絡先
    • 電話番号
    • IDと保険証の提示

    検査

    問診が終わると他の部屋へ移され、防護服を着た方に名前と誕生日の確認をされます。

    マスクを口まで下げるように言われるので下げて待ちます。

    すると、長い綿棒を鼻の奥まで突っ込まれてグリグリと10回回して粘膜を採取されます。

    それが両方の鼻の穴で行われます


    私も鼻から粘膜を採取される事は予想していたのですが、鼻の穴の先に綿棒を入れてサッとふき取る程度だと思っていました。

    まさかあんなに奥まで突っ込まれてグリグリとやられるとは思っていなかったので軽くショックを受けながらの検査でした。


    何はともあれ、所要時間は1分程度ですぐに終わります

    ポイント
    検査を受ける時に、なるべく混んでいない検査場や時間帯を探すのがおすすめ。
    検査にかかる時間は大体10分程度で、簡単に終わる。

    検査結果の受け取り方

    検査結果が出るまでにかかる時間や受け取り方は、検査場・検査の種類・込み具合などによって違ってきます

    私は、検査の結果を2日後テキストメッセージで受け取りました。

    全く症状が無かったので、検査の結果が陽性だと送られてきた時は本当にびっくりしてグーグルでpositive(陽性)の意味を確認した程です。

    テキストメッセージには、検査の結果NYC test + traceが近いうちに電話をするという事、質問などがある場合に使える連絡先が書かれていました。

    結果を受け取ってすぐに、直属の上司と家族に連絡を入れました。

    陽性結果だった場合の状況と過ごし方

    陽性結果だった場合の状況と過ごし方

    私は検査の結果は陽性でしたが、無症状でした。
    これから紹介する状況と過ごし方は、無症状や比較的症状が軽い場合にのみ当てはまります。

    もし、検査の結果が陽性で、症状がある場合は主治医の先生に連絡を入れるようにしましょう。
    そして、体調があまりにも優れない場合はすぐに911に連絡をして下さい。

    1.NYC test + traceからの電話

    検査結果をテキストメッセージで受け取った次の日にNYC test + traceからの電話がありました

    電話では、

    • どのような症状があるか
    • 自分を隔離する空間があるか
    • どのように感染したか分かるか
    • 検査の日の前後3日間に会った人の名前と連絡先
    • どこに行ったのか
    • 交通手段は何か

    など、このような内容を事細かに質問されました。

    その後、緊急連絡先無料で電話カウンセリングを受けられる連絡先を教えてもらい、通話は終了しました。

    ボニービー

    悲しい事にこのような状況を利用して詐欺を行う人たちもいるらしいんだ
    以下のような内容は電話では絶対に質問されないから注意してね!

    <NYC test + traceが聞かない質問>

    • お金に関する内容
    • ソーシャルセキュリティナンバー
    • 銀行口座の情報
    • 給料に関する内容
    • クレジットカードの番号

    2.10日間の隔離生活

    検査を受けた日から10日間は、隔離生活の為外に出る事を禁じられました。

    誰かと一緒に住んでいたりして自分を隔離する場所が無い人には、隔離専用のホテルを提供しているとの事でした。

    3.毎日質問事項が送られてくる

    質問事項 1
    質問事項 2

    隔離期間は、毎朝テキストメッセージか電話で質問事項が送られてきます

    その日の症状やその後会った人がいるかなどに関する質問に答えなければなりません。

    質問を電話で受けるかテキストメッセージで受けるかは、自分で選択出来ます。

    4.”Take care”パッケージ

    Take careパッケージ

    検査を受けた6日後にNYC health + hospitalsから”Take care”パッケージが送られてきました。

    箱の中には、マスク消毒液消毒ウエットティッシュ簡易体温計パルスオキシメーターコロナウイルスや各アイテムの使い方の説明冊子が入っていました。

    ポイント
    検査の結果が陽性だった場合は、10日間隔離生活をしなければならない。

    その間、症状や接触者に関する情報を毎日アップデートしなければならない。

    まとめ

    今回の記事では、アメリカで行われているコロナの検査方法と状況、そして検査の結果が陽性だった場合の過ごし方に関する情報を紹介しました。

    • アメリカで行われている検査は2種類ある
    • 基本的に全員が無料でテストを受けられる
    • 検査の場所や時間帯によって何時間も待たされる場合がある
    • 検査結果が出るまでの期間や受け取り方はそれぞれ違う
    • 陽性結果だけれど無症状や症状が軽い場合は10日間、隔離して過ごす
    • 毎日、症状に関する報告をする
    • 症状が重い場合は、すぐに911に電話する


    今回の経験を通して、医療従事者感染者の症状や行動を把握する方など直接的にコロナと戦っている方たちを間近で見ました。

    毎日毎日、何百人という人数の検査や電話での症状確認など終わりが見えない中で頑張ってくれている方たちのおかげでこのような状況でも生活出来るのだと再確認しました。

    本当にありがとうございます。


    もっと詳しい情報(症状・ワクチンなど)が必要な方は、CDCのコロナウイルスに関するページを参考にして下さい。

    CDC公式サイト コロナウイルスに関するページ




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください